ボトムターン バックサイド編

s-1IMG_0698 s-1IMG_0699 s-1IMG_0700 s-1IMG_0701 s-1IMG_0702 s-1IMG_0703 s-1IMG_0704 s-1IMG_0705

バックサイドのボトムターンで縦に上がる要素は主に二つあります。

一つは、写真の1から3枚目のように、前方に出ていた左手で水面を触るように意識し、レールを使ったターンを行い、しっかりドライブをかけることです。

二つ目は、写真の4枚目のように、ターンをリードしてきた左手が体の後方に引っ張るようなイメージです。この動作で大きく腰が回転します。
初心者の方で、バックサイドで縦に上がれず、大きな波でしっかりとしたプルアウトができないという方をコーチングすると、大抵の場合は、左手が前方に出たままになっていて、それが腰の回転のブレーキとなってしまっています。
ただし、左手を後方に引っ張ろうとしても、右手も一緒に移動しないと、右手がブレーキをかけてしまいます。左手でリードする際に、腰を回転しやすくするために右手は上にあげておきましょう。

サーフィンに関するご質問はお気軽にご相談ください。